リアルタイムで日経平均株価を予想する方法

リアルタイムで日経平均株価を予想するためにはその日に予定されている経済指標等のスケジュールを把握することから始めましょう。
国内の取引時間は国内のGDPなど、毎日のように様々な指標の発表が予定されています。
これによって日経平均株価が変動することが基本と言えます。
次に日経平均株価というのは採用銘柄の合計平均値なので、寄与度を参考にする必要があります。
いろんな採用銘柄がある中でも、とりわけ日経平均に対する寄与度が大きい銘柄があるので、そうした銘柄の相場動向をチェックしておくと、リアルタイムから予想しやすくなります。
単純に貢献度が大きな銘柄が暴騰すると日経の指数も上がります。
逆なら下がりますし、これを利用して短期筋やヘッジファンドに利用されることもよくあります。
特に理由がないのに採用銘柄の中でも寄与度が大きい銘柄が急伸びしている場合、それによって日経先物も上がってくるので、為替へもリアルタイムで影響することがよくあります。
リアルタイムで予想する場合、上記のようにスケジュールの確認と寄与度のチェック以外にドル円とダウ先物の情報、そして国債先物も見ておくようにしましょう。
これはいわゆる相関性というものであり、何かの指数が大きく振れると他の指数も大きく振れることが多いです。
この相関性とはあくまでも参考という感覚ですが、絶対に知っておくべき情報の一つでもあります。
相関性が鈍ることも当然ながらありますが、そんなときは逆にそういった展開もあるということを経験として覚えておくことが非常に大事です。
そして、どうして相関性が鈍っているのか原因を探すことも大事です。
上記を参考にすると、日経平均株価の予想をしやすくなります。

ページトップへ