伊藤園と日経平均株価の関係とは

伊藤園は東証一部に上場している企業ではありますが、日経平均株価の構成銘柄ではありません。
そのため、伊藤園の株価と日経平均の値動きに関しては関係性が無いように思われますが、そこには密接な関係があり日経平均が上がると伊藤園の株かも上がりやすく、逆に日経平均が下落すると伊藤園の株価も下落しやすい傾向にあります。

もちろん、この二つが逆行し合うこともありますが、傾向としてこのような形に成るものとなっています。
それではなぜこのような関係が生まれるのかというと、日経平均というのは市場全体の地合を示すバロメーターとしての役割がありますから、日経平均が好調であれば日経平均の構成銘柄以外にも買いが入りやすくなります。
逆に日経平均が軟調であれば、その影響が他の銘柄にも波及して売りが増えやすくなるため全体的に株価が下落しやすくなってしまうのです。

主力が調子がよければ多くの投資家が主力が好調であるため、他の出遅れている銘柄に買いをいれてみようと買いをいれ、売り方も調子が良いので売るのはもう少し待とうと判断しますから株価は上がりやすくなります。
しかし、主力の調子が悪ければそれ以外の銘柄も期待ができないと判断され、投資判断が売り目線になり安く主力銘柄を大きく所有している投資家が値下がりの損失をカバーするために他の銘柄を売って相殺するということもあり、全体的に値が下がり安くなってしまうのです。
そして、同じ東証一部に上場する伊藤園はこのような影響を受けやすいため、日経平均の動きと連動することが多くあります。
ただし、全体の調子が良い時に個別で悪材料が出た銘柄は下がる傾向にありますし、逆に全体の調子が悪くとも個別の好材料が出た株は値上がりをすることもあるのであくまで基本は業績にあるということを覚えておくと良いでしょう。

ページトップへ