日本ケミコンと電通の株価の動きと格言について

日本ケミコンと電通の株価の動きは対照的はなものとなっています。電通は上昇基調の中で細かく上下動し、逆に日本ケミコンは下げ基調の中に上昇の兆しを見せています。株式投資は当然ながら、安く買って高く売ることが前提となります。つまり上昇中であれば下げの兆しが見えれば売りポジションを取ることになりますし、逆に下げ相場から上昇に転じるようであれば買いとなります。電通の場合はさらに上げるのか、それとも時折見せる大きな下げが転換のサインなのか単なる押しなのか判断は難しいものです。株価の動きには天井と底の他に、その途中の押しがあります。一時的な反転はポジションを増やす絶好の機会というわけです。けれどもこのような格言があります。押し待ちに押し無し、これは強い動きを見せている時には、少しでも有利に売買しようと押しを待っていても現れないことを意味します。この格言から見ると、大きな押しが出ている時には反転も近いということがわかります。つまり下げ基調が続いた日本ケミコンの場合、上昇に転じるのも近いとも考えられるわけです。もちろんこの格言はあくまでも、強い相場の中では順張りでポジションを取るためにはタイミングをはかることは難しいことを示しているにすぎないものです。けれどもこれはこれまでの長い相場の中で、先人たちが株価の動きを長く観察する中で生み出した言葉でもありますし、たとえ取引環境がどのように変化しても人の心理は変わらないために不変であることも示しています。そのために、相場の動きを判断する上で迷いが生じた時には、先人の格言を参考にするのも有効です。そしてそれを利用して戦略を立てることも大切なこととなります。

ページトップへ